アラン・ザ・ボシー BATCH4 ISLE OF ARRAN

アイル・オブ・アラン Estd1995

アラン島の北岸、ロックランザ村のはずれにある“アイル・オブ・アラン蒸留所”はシーバス・ブラザーズ社の元代表取締役ハロルド・カリー氏によって1995年に創業した蒸留所です。

アラン島はスコットランドで7番目に大きな島であり、最も美しい島の一つとして知られています。スコットランドの地形そして地質学的特徴を全て備えていることから、「スコットランドのミニチュア」とも称され、さらにハイランド境界断層によって高地と低地の地域に分かれていることで「地質学者の楽園」とも言われています。アラン島には花崗岩でできた山々が聳え、そこから流れ来る浄化された水は泥炭層をくぐり抜け更に磨かれて良質な軟水となる。このアランウォーター(アラン島の水)は昔から島民に親しまれ、シングルモルトウイスキーの仕込み水としても使用されています。

アイル・オブ・アラン蒸留所は創業後、熟成わずか3年で最初のシングルモルトをリリースしているのもユニークです。シングルモルトとしては若過ぎるように思われますが、アラン島のすぐ脇を通るメキシコ湾流の影響によってもたらされる暖水と温暖な気候が、熟成期間の短縮化を促していると蒸留所はいいます。現在リリースされている定番商品はアラン・シングルモルト10年・14年・18年とロバートバーンズ(シングルモルトとブレンデット)などです。

今回はアイル・オブ・アラン蒸留所から、年に一回のみの限定リリース品で、今回でバッチ4となるアラン・ザ・ボシーをご紹介します。

ARRAN THE BOTHY BATCH4 53.8% BOTTLED2018

ザ・ボシーの特徴はファーストフィルのバーボンバレルで熟成後、小さなクォーターサイズのアメリカンオーク樽(約125ℓ)で更に18ヶ月以上追加熟成しカスクストレングスでボトリングされている点です。小樽をウッドフィニッシュに使用することで熟成が早くフルボディに仕上がる利点があるといいます。このボトルは2018年の限定リリース第4弾、世界13800本のリリースとなっており国内へは600本のみの入荷です。

 イエローゴールド

 シナモンアップル、洋ナシ、蜂蜜、サンダルウッド

 クリアで優しいスパイス、アップルやオレンジに似た甘み、オーク樽、シナモンジンジャーのような爽やかさがある。ココナッツや花のような甘味のある余韻が長く続く。カスクストレングスですが飲みやすく口当たりもいいですね。あくまで比較的に言うとですが。アランのまろやかさとスパイスの濃縮感を楽しめるボトルです。

さらに少しの加水によって塩味とスパイスがより強く現れ、ほろ苦くドライなフィニッシュに、よりパワフルな飲み心地へと変化しました。限定でロゴ入りピペットが付いていましたので加水も楽しくなりお得でしたw

“アラン・ザ・ボシー BATCH4 ISLE OF ARRAN” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です