キルホーマン THE 8th EDITION 100%ISLAY KILCHOMAN

 

100%アイラ

ファームディスティラリー(農場型蒸留所)であるキルホーマン蒸留所が設立したのは2005年のこと。アイラ島最西端にある新しい蒸留所として注目を集め、麦の栽培から精麦、蒸留、熟成、そして瓶詰めまでの工程を、自社で行うこだわりの蒸留所として知られています。オープンから13年が経ち、待ちに待った二桁のビンテージがリリースされ高い評価を得るなど、さらにこれから期待される蒸留所であることは間違いありません。

2018年、キルホーマン蒸留所からリリースされた「100%アイラ」は、世界でも稀な自社栽培のアイラ島産の大麦のみを使用した100%アイラスタイルのシングルモルトです。樽構成は2008年と2012年に蒸留した“バーボンバレル23樽”と”オロロソシェリーバット7樽”を使用し、世界12000本の限定リリース、日本へは600本のみの入荷となっています。今回で第8弾になる「100%アイラ」は初めてシェリー樽熟成の原酒をブレンドすることで、より厚みのある味わいに仕上げられています。

 

KILCHOMAN THE 8th EDITION 100%ISLAY 50%

蒸留所の近隣に広がる泥炭を活かし生まれる個性的なスモーキーフレイバーはキルホーマンの魅力の一つ。この「100%アイラ」ではミディアムピーテッドのフェノール値約20ppmで度数50%、アイラ産の大麦の風味をより感じられるようにつくられています。

 ゴールドアンバー

 ドライフルーツ、蜂蜜、ハッカ飴、潮、ピート、ベーコン、マカダミアナッツ、レモンティー、少しの加水によってよりフルーティーに

 オイリーな口当たりでスパイシー、麦芽の甘味、レーズン、塩キャラメル、ビターチョコレート、ソフトなピートに甘やかな余韻があります。開封一週間ほどでより明確にバーボンバレルの香り・味わいが現れてきたように感じました。

この「100%アイラ8th」に使用されたexバーボン樽は”バッファロー・トレイス蒸留所”からのものであるようです。キルホーマンの目指すシングルモルトづくりは、バーボン樽を使用して熟成させることにより生まれます。割合では少ないシェリー樽熟成原酒をバランスよくブレンドしたこのボトルは、アイラ島の風土とキルホーマンの潜在能力をたっぷりと楽しめる旨い一本だと思います。

キルホーマン100%アイラ2011 6年バーボンバレル58.4%700ml

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です