トーモア1995 17年 エルドヴァッテン

トーモア蒸留所 (1958-)はスコットランド・スペイサイド中心部にあるスコッチでは比較的若い蒸留所。近くにはケアンゴルム国立公園があり、蒸留所背後にあるロッホ・アン・オー(黄金の湖)から流れ出るアクボッキ―川の水を仕込み水として利用しています。トーモアはゲール語で「大きな丘」を意味し、建物は有名な建築家サー・アルバート・リチャードソンの設計によるもの、新古典主義とモダニズムを融合させた、美しくもユニークな建築様式となっていることで知られる。オフィシャルスタンダードは14年と16年があり、現在ペルノーリカール社の傘下にある。

トーモア 14年

トーモア 16年

ここで試飲するボトルはトーモアの17年で、スヴェンスカ・エルドヴァッテンというスウェーデンのインデペンデントボトラーからリリースされた一本です。


スヴェンスカ・エルドヴァッテン はスウェーデンのウイスキーコレクターとして有名なトミー・アンダーソン氏とピーター・ショーグレン氏が立ち上げたスウェーデンのボトラーズです。社名のスヴェンスカ・エルドヴァッテンは「スウェーデンの炎の水」を意味し、両氏が素晴らしいと太鼓判を押したものだけがボトリングされ、そのほとんどの商品がリリース後に即完売となっている注目のボトラーズ。

SVENSKA ELDVATTEN

TORMORE1995 17YEARS 51.6%

TOMORE スコットランド・スペイサイド
バーボン・ホグスヘッド17年熟成 51.6%
1995年9月蒸留
2012年9月瓶詰
国内限定34本

 オレンジアンバー

 クリーミーな大麦の甘味、蜂蜜、バニラ、カスタードクリーム、くるみ、パイナップル

 きめ細かなジンジャーまたはチリスパイスのテクスチャと上品なバニラ、柑橘の甘味が心地よくかつ濃厚に広がる。さらに飲み進めるとオークウッドと共にマスカットやアプリコットまたはオレンジの皮を思わせるほろ苦い柑橘のフレイバーが現れ余韻となって続く。

 あっという間に飲み干してしまいそうな一本。上品な味わいがもたらす「酔い」は心地よく軽快で疲れない。17年とそこそこ長熟なトーモアはアルコール51度を感じさせない口当たりと、柔らかな美味さが特徴でした。ストレスフリーで美しいシングルモルトでした。エルドヴァッテンの他のボトルにも興味津々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です