キンタ・ルバン ~ルビーポートカスクによるウッドフィニッシュ~ GLENMORANGIE

グレンモーレンジ

1843年に古いビール工場を改造してできたグレンモーレンジ蒸留所は、スコットランドで一番人気のシングルモルトを造ってきた有名な蒸留所。ウイスキー造りに使用する大麦はスコットランド原産のみにこだわり、仕込み水には長い年月をかけて砂岩から湧き出た硬水を使用しています。最初に導入したジンスチルの形状をそのままコピーしたポットスチルは5メートル以上にもなるネック部を持つことで、軽やかで非常にピュアな味わいを生み出すと言われています。

グレンモーレンジ ポットスチル

ウッドフィニッシュ

グレンモーレンジは”ウッドフィニッシュ”のパイオニアとも呼ばれ、それぞれの樽がどのような個性を原酒に与えるか研究に研究が重ねられて来ました。ウッドフィニッシュとは、一定期間の樽熟成の後に異なる樽に移しかえて後熟させたものです。グレンモーレンジでは10年の「オリジナル」をベースにポートカスクで2年間ウッドフィニッシュさせた「キンタ・ルバン12年」があります。

テイスト

深みのある琥珀色をしたキンタ・ルバンは、レーズンが濃縮された深みのあるアロマ、口当たりは滑らかで芳醇な甘さとほろ苦さが心地よく口の中に広がっていきます。中盤からすっきりとした酸味が現れ全体をうまく引き締めて、フィニッシュにかけてスパイシーな余韻が柔らかく続く。といった感じでしょうか。オリジナルを2年間のウッドフィニッシュによってここまで昇華させてしまうポートカスクとはどんな樽なのか?すこし書いてみたいと思います

ルビーポート

「ポートワイン」はポルトガル北部のポルト港から出荷される、特産の酒精強化ワインのことでポルト・ワインともいいます。ポートワインは、まだ糖分が残っている発酵途中にブランデーを加えて酵母の働きを止めるのが特徴で、この製法によって独特の甘みとコクが生まれます。中でも「ルビーポート」と呼ばれる最も一般的なタイプは、甘口で豊かな果実香を持ち、ルビーのような暗い赤色をしているのが特徴です。キンタ・ルバンはポートカスクでもこのルビーポートカスクを使用してウッドフィニッシュされたものです。

その他グレンモーレンジ、ウッドフィニッシシリーズはこちらから

・ネクタードール

・ラサンタ

“キンタ・ルバン ~ルビーポートカスクによるウッドフィニッシュ~ GLENMORANGIE” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です