ラサンタ -オロロソシェリー樽によるウッドフィニッシュ- GLENMORANGIE

グレンモーレンジ

1843年に古いビール工場を改造してできたグレンモーレンジ蒸留所は、スコットランドで一番人気のシングルモルトを造ってきた有名な蒸留所。ウイスキー造りに使用する大麦はスコットランド原産のみにこだわり、仕込み水には長い年月をかけて砂岩から湧き出た硬水を使用しています。最初に導入したジンスチルの形状をそのままコピーしたポットスチルは5メートル以上にもなるネック部を持つことで、軽やかで非常にピュアな味わいを生み出すと言われています。

ウッドフィニッシュ

グレンモーレンジは”ウッドフィニッシュ”のパイオニアとも呼ばれ、それぞれの樽がどのような個性を原酒に与えるか研究に研究が重ねられて来ました。ウッドフィニッシュとは、一定期間の樽熟成の後に異なる樽に移しかえて後熟させたものです。グレンモーレンジでは10年の「オリジナル」をベースにオロロソシェリーカスクで2年間ウッドフィニッシュさせた「ラサンタ12年」があります。

テイスト

綺麗な琥珀色をしたラサンタ、レーズンやキャラメルを思わせる甘やかなアロマがあり、口当たりはふんわりミネラリーでドライ、柑橘系の爽やかなフルーツのコクのある甘味と喉の奥に長く残る独特なスパイス感がある。フィニッシュはやや辛めのニュアンスがあり、飲んでいて楽しいボトル。オロロソシェリー樽でウッドフィニッシされたラサンタは複雑さと上品な甘さをもっています。オロロソシェリー樽とはどんな樽なのでしょうか。

オロロソシェリー樽

オロロソはスペイン固有のワインで、パロミノ種のぶどうから造られるシェリー酒です。シェリー酒とは酒精強化ワインと呼ばれ、高アルコール度の蒸留酒を加えて、少しアルコール度を高めたワインのことです。中でもオロロソは辛口タイプのシェリーです。オロロソという名称は、スペイン語で「におい」を意味する「オロール」に由来し、非常に香り高いシェリーとして知られています。ブランデーのように濃い色合いを持ち、ワインが染みた木樽やクルミ、ナッツを思わせる華やかな香りが豊かで味わいはまろやかであり、コクや力強さが感じられます。このオロロソの熟成樽をウッドフィニッシュに用いたのがラサンタです。

その他のグレンモーレンジのウッドフィニッシュシリーズはこちらから

キンタ・ルバン

ネクタードール

“ラサンタ -オロロソシェリー樽によるウッドフィニッシュ- GLENMORANGIE” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です