マックミラ モーメント No10.No11

MACKMYRA / MORMENT

スウェーデン発のシングルモルト「マックミラ・モーメントシリーズ」は、業界では珍しい女性マスターブレンダーの「アンジェラ女史」が厳選したラインナップ最高峰の限定シリ―ズです。各エディション特定のカラースキームと刻印された金属プレートを備えたモダンなボトルデザインで、それぞれ1000本前後くらいの限られたリリースとなっている。最初のエディションがリリースされたのは2010年12月15日で、現在蒸留所のウェブサイトでは第17弾まで紹介されているのを確認しました。今回紹介するのは10弾11弾ですが、それ以外のエディションが日本で購入できるのかは今のところ不明で、マックミラがどのくらい日本市場に入ってきているのか、入らないのかよく分かっていません。インポーターはガイアフロー社、同社の通販サイトであるウイスキーポートで見ることができる。(全て完売)

そして今秋リリースされる人工知能を使ったレシピで造る「AIウイスキー」たるものもこのマックミラの新たな挑戦であり、今注目が集まっているようです。この辺りについてはまたの機会に。余談ですが、スウェーデンでは、アルコール度数3.5%以上のビールやワイン・スピリッツなどはSystembolaget(システム・ボラーゲット)という、政府が管理する販売公社でしか買うことができないため、ウイスキーなどの蒸留酒はここからほぼすべてが販売されています。アルコール中毒者の増加や未成年の飲酒が社会問題になっているスウェーデンでは、お酒の販売において日本よりも厳しい決まりがあるようで、一般的な販売時間は平日10時から18時まで、土曜日は10時から15時までと決まっているようです。飲酒規制やお酒の流通量を国で管理できるなどのメリットがあるとか。


GLOD

GLOD(グロード)
MACKMYRA MORMENTシリーズ第11弾
限定商品 1088本
700ml 51.2%
インターナショナル・ワイン& スピリッツ・コンテスト2013 ゴールド・メダル 獲得

 ゴールドアンバー

 キャラメル、カカオ、チョコ、栗、アンズ、溶剤、ハーブティー、革製品

 ウッディーなフレイバーを中心にドライフルーツの深みのある味わい、絶妙な酸味とジンジャーを思わせるスパイスが複雑さを生み、ほろ苦い紅茶の様なニュアンスも感じる。熟成感も程よくあり最後には酸味を伴った渋みが余韻となって続く。

 甘味・酸味・渋みと素晴らしいバランスが楽しめる。独特なこの風味はスウェディッシュオーク樽由来のものなのでしょうか。味わいとパワフルな飲み心地が癖になります。飲み干したグラスからはバターポップコーンのようなアロマも感じ取ることができました。スウェーデン産のピートと、ジュニパーベリーで香りをつけた麦芽を使用してつくるスモーキーな味わい、優しい甘みと共に長い余韻を楽しめます。


KALLA

KALLA(シェラ) 
MACKMYRA MORMENTシリーズ第10弾
限定商品 1065本
700ml 53.4%  

 マホガ二 アンバー

 シリアル、ニッキ飴、黒糖、カラメル、ラズベリー、梅、ナッツ、ハーブティー、溶剤

 ミントティーのようなファーストのニュアンス、ウッディーな味わいとジンジャースパイスが重なったフレイバー、熟成感も程よく度数も高いので重厚感があり、濃く出した紅茶の様な渋みとナッツのオイリーなテクスチャーが最後まで残り余韻となる。

 ベリー系のフルーティーな味わいに、ジンジャーやサンダルウッドを思わせるスウェディッシュオークのウッディネス。他のウイスキーにはない味わいがしっかりと感じられるボトル。「グロード」がモルティでシリアル系の強い印象に対し、爽やかなハーブとベリーに寄ったフレイバーを持つ「シェラ」、どちらも厚みのあるボディ感があり骨格的には似ているが、明らかに異なる性格を持っている。特別に美味しい樽からの原酒を、通常のサイズの樽とスウェーデン産のオークで作られた小さな樽でそれぞれ熟成し、ブレンディングしているとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です