お洒落な ウイスキー女子 が増えている5つの理由

 

ウイスキー女子

最近バーでウイスキーを飲む女性が増えています。ビールやワイン・カクテルなど、いろいろな種類のお酒がある中で、ウイスキーを選ぶ女性は、どこか洗練されたカッコいいスタイルの持ち主に見えます。どこかオジサンのお酒というイメージのあったウイスキーですがそれはもう昔のこと、ウイスキー女子によって幅広い層に愛される新たなイメージに変化しているようです。

身体に優しいウイスキー⁉


少し前の事ですが、ウイスキーは、他のアルコール飲料に比べ、身体に優しいお酒 だということを、山崎蒸留所見学で聞いた事があります。お酒は飲み過ぎると、二日酔いなどの原因となってしまいます、中でもウイスキーはアルコール度数も高く、体への負担も大きそうなイメージですよね?ところがウイスキーは確かに優しいのです!そのことをウイスキー女子は知っているのかも知れません。ここではウイスキーが身体に優しい5つの理由を紹介してみたいと思います!そして、これからウイスキーを始めたいという女性に、お勧めウイスキーも5本ほど紹介したいと思います。どうぞ最後までお付き合いください!

ウイスキーが身体に優しいと言われる5つの理由!


その1. 糖質ゼロ

ウイスキーは、ビールやワインなどの醸造酒(じょうぞうしゅ)と違い、蒸留酒(じょうりゅうしゅ)といわれる種類のお酒となります。お酒を蒸留することによって、さらに純度の高いアルコールへと、分離作業が行われたお酒なので、糖質が残りません。ウイスキーはダイエット中にはありがたいお酒だと言えます。

その2. 抗酸化作用

樽で長期熟成させるウイスキーは、ポリフェノールを多く含むお酒です。中でも”エラグ酸“と呼ばれる成分がワインよりも多く含まれています。この成分は、抗酸化作用が強く、増えすぎた活性酸素を除去し、生活習慣病を予防する働きや、コレステロール値を下げ、高血圧を防いでくれる効果があることが分かっています。

その3. リラックス効果

ウイスキーを飲むと、全身の血行が良くなって脳の働きもゆるやかになるため、気分が和らぎます。また、樽から移った芳醇な香りは、森林浴の効果があり、さらに心身ともにリラックスされてくれるので、ストレスの解消にも効果があります。

その4. 低カロリー

一般的に成人女性の、一日の摂取カロリーは2000kcalと言われているようです。500mlのビール缶1本は約200キロカロリーであるのに対し、ウイスキー1杯(ハイボール)約30mlは60カロリー程度です。例えばハイボールを2・3杯飲んでもビール一本よりも低カロリーに抑えることができます。

その5. 美白効果

オーク樽からゆっくりと溶出するリオニレシノールという成分があります。この成分は、シミやそばかすの原因となる、メラニン色素を作り出す、チロシナーゼという酵素を抑える働きがあります。このリオニレシノールのメラニン抑制効果によって美白効果があると言われています。

まとめ


ウイスキーが身体にやさしいといわれる理由、いかがでしたか?納得できる、できないには、個人差があると思いますが、水・穀物・酵母のみで造られるウイスキーは、とてもシンプルな(余計なものが入っていない)お酒であることは間違いありません。しかし飲み過ぎは、二日酔いや体調を崩してしまうことになってしまいます。樽熟成に現れる成分や効果などは、適量を上手に飲んでこそ得られるものです!知れば知るほど美味しくなるウイスキーをもっと上手に楽しんでいきましょう!ウイスキーの製造工程に興味のある方は、このブログのAbout Whiskyページでも紹介していますので良かったら見てみて下さい。女性に優しいウイスキーの話でした。

妊娠中や授乳期の飲酒は胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

次に紹介するのは、実際に飲んでみて美味しかったと思うウイスキーのご紹介。香りが良くハイボールや水割りにピッタリ!女性にお勧めのウイスキーとなっています。参考にしてもらえると嬉しいです。ではまた次回!

女性にオススメのウイスキー5選


1. グレンキンチー12年

軽快で爽やかな飲み心地のスコッチウイスキー。甘いアロマとシリアルのような親しみやすいフレーバーが特徴の一本です。

2. アベラワー10年

全世界でもベストセラーモルトのトップ10に入るとされている、人気のスコッチウイスキー。カラメルのような甘さとナッツ・ラムレーズンのような風味が楽しめる一本です。

3. トミントール10年

繊細という言葉がよく似合う、食前酒にピッタリなスコッチウイスキー。樽由来のバニラ香と仄かなモルトフレーバーが特徴で、非常に口当たりが良く、ハイボールや水割りでサラリと飲めます。

4. メーカーズマーク

原料の一部に冬小麦を使用した、香ばしいバーボンウイスキー。柔らかなバ二ラのアロマを持ち、仄かな甘みと穀物のフレーバーが特徴です。アフターに桃のようなフルーティーな余韻が楽しめます。

5. ベーゼルヘイデン

凛とした女性のようなバーボンウイウイスキー。バニラや蜂蜜の甘やかな風味がありながらも、すっきりとしたライ麦のフレーバーがあり、全体的にややドライな口当たりを特徴とした上品な一本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です