ネクタードール ~貴腐ワイン樽によるウッドフィニッシュ~GLENMORANGIE

グレンモーレンジ

1843年に古いビール工場を改造してできたグレンモーレンジ蒸留所は、スコットランドで一番人気のシングルモルトを造ってきた蒸留所。ウイスキー造りに使用する大麦はスコットランド原産のみにこだわり、仕込み水には長い年月をかけて砂岩から湧き出た硬水を使用しています。最初に導入したジンスチルの形状をそのままコピーしたポットスチルは5メートル以上にもなるネック部を持つことで、軽やかで非常にピュアな味わいを生み出すと言われています。

ウッドフィニッシュ

グレンモーレンジは”ウッドフィニッシュ”のパイオニアとも呼ばれ、それぞれの樽がどのような個性を原酒に与えるか研究に研究が重ねられて来ました。ウッドフィニッシュとは、一定期間の樽熟成の後に異なる樽に移しかえて後熟させたものです。グレンモーレンジでは10年の「オリジナル」をベースにフランスのソーテルヌワイン樽で2年間ウッドフィニッシュさせた「ネクタードール12年」があります。

テイスト

やや琥珀がかったゴールド色をしたネクタードールは、爽やかで心地よいレモンと蜂蜜を、樽香がうまく抱擁した上品なアロマがあります。微かにメンソールのような刺激的なアロマもあり、口に含むと、花のような甘みとモルトフレーバーがゆっくりと広がる、それを追いかけるようにきめ細かなドライ感とスパイシーなニュアンスがフィニッシにかけて現れます。とても香りが良く飲みやすいので、このネクタードールは女性にもぜひ飲んでみてもらいたいシングルモルトです。ネクタードールの熟成に使用される貴腐ワイン樽はどんな樽なのでしょうか?

 

貴腐ワイン樽

「貴腐」というのは、腐敗したようなブドウの外見からは想像もできないような芳醇な香りと風味を持つことから呼ばれ、貴腐ワインの発祥となったハンガリーでは高貴なる腐敗と呼ばれたことで日本語で直訳し”貴腐”となったそうです。

白ワイン用品種のブドウが、貴腐菌と呼ばれる「ボトリティス・シネレア」という菌に感染することで、皮の表面にあるロウ質が溶かされ、無数の小さな穴が開いた状態となり、そこから果実の水分が蒸発し干しブドウのような状態となります。このような変化を起こした貴腐ブドウを使用し、甘みだけが突出したワインが造られます。世界三大貴腐ワインといえるフランス・ソーテルヌ地区の貴腐ワインは、セミヨン種の貴腐ぶどうを使用することで、アカシヤの蜂蜜を思わせる濃厚な甘みに、まったりと美しい粘性をもつ貴腐ワインとなるのが特徴です。

このネクタードールは10年熟成のグレンモーレンジオリジナルをベースにさらに2年間ソーテルヌワインの熟成樽でウッドフィニッシさせたものです。

 

その他グレンモーレンジ、ウッドフィニッシュシリーズはこちらから

ラサンタ

・キンタ・ルバン

“ネクタードール ~貴腐ワイン樽によるウッドフィニッシュ~GLENMORANGIE” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です