ラフロイグ ブロディア

 ノルウェーで兄弟を意味するBRODIA。もとはヨーロッパの免税店向けにリリースされたもので、ルビーポートカスクでウッドフィニッシュが施されたボトルとなっている。


LAPHLOAIG BRODIA 48%

バーボンバレル熟成、ルビーポートカスクフィニシュ。BRODIR ポートウッドは、2012年にBRODIR 13年のファースト・リリースを始めとし1年単位で新しいアイテムがリリースされる予定の「BRODIRシリーズ」。今回のボトルは2弾としてリリースされたものです。

 やや赤味のあるアンバー       

 フルーツケーキ、酸味のあるレーズン、レモン、革、ピートスモーク、ヨード、硝煙、煙草

 ルビーポートカスク由来と思われる甘渋さ、ラフロイグの持つ海藻系ピートフレイバーのバランスの良い味わいが口いっぱいに広がる。度数もやや高めでボディ感もしっかりと飲み応えがあり、果実系の甘味は最後まで残る。フィニッシュにかけて少し苦味が強くなり味わいにより一層深みが生まれる。熟成感も程よくあり余韻も長い。

ラフロイグはアイラ島の南部にある1815年に建てられた歴史ある蒸留所です。「ラフロイグ」とは“広い入り江の美しい窪地”を言うゲール語ですが、その風光明媚さはスコットランドの蒸溜所の中でも1、2を争うという。麦芽の85%は近くのポートエレンに麦芽製造を委託しており、残りの15%はラフロイグ蒸溜所で製麦している。

 なるほど美味い。ラフロイグのもう一つの顔を発見。ルビーポートカスクのエキスが溶けたブロディアはヘビーピーテッドタイプが苦手な方でも親しみやすいフルーティーな仕上がりになっている。「ルビーポート」はポルトガルのドウロ地区で生産される甘口のフォーティファイドワインで、2~3年の熟成期間を経て出荷されるのが一般的、ブロディアはこのカスクを後熟(フィニッシュ)に使用している。バーボンバレルとのトータルの熟成年数については不明で、免税店向けによくあるリッターボトルでもない。2012年にファーストリリースされ、その後ブロディア・シリーズとして年一回のリリースがされているようだが、ネット上で見るのはこの第二弾(バッチ2)のみだった。他のブロディア・シリーズもあるならぜひ飲んでみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です