DD イチローズモルト

 

ICHIRO’S MALT

DOUBLE DISTILLERIES 700ml 46%

通称DD(ダブルディスティラリーズ)は秩父蒸留所と羽入蒸留所のモルト原酒をブレンドした埼玉県産のピュアモルトウイスキー。羽生蒸留所の創始者である祖父がシェリー樽で熟成をかけた限りあるモルト原酒と、その孫である肥土伊知郎氏のつくる原酒が贅沢にブレンドされたボトルです。ご存知の方も多いと思いますが羽生蒸留所の母体である東亜酒造はすでに売却され、新オーナーの意向により蒸留設備は解体されました。残った祖父の原酒を守り受け継いだ伊知郎氏は、笹の川酒造の力を借りてカードシリーズをリリースし、そして自らも2004年に秩父蒸留所を建設、次世代に向けたウイスキー生産を行っています。

DDは羽生蒸留所のモルト原酒は主にパンチョン樽(北米産ホワイトオーク500ℓ)とシェリー樽(500ℓ)、秩父蒸留所は話題のミズナラ樽原酒。これをヴァッティングしノンチル、ノンカラー、度数46でボトリング。熟成期間は不明です。

 明るいゴールド

 香草、チーズ、カスタードクリーム、青リンゴ、オーク香、蜜、白檀

 華やかな香りと甘味、胡椒のスパイス、やや早熟なニュアンスだが独特なウッド感、大麦の旨味と舌に広がる苦味、柔らかな酸味、ドライかつオイリーな香草感、余韻は長く爽やかな甘みが残る。開封直後はチーズに似た乳製品のような香りと微かにミーティーなニュアンスを感じました。その数日後この二つのニュアンスも薄れ、爽やかで独特な深みのあるオリエンタルフレーバーが現れました。飲むほどに深く味わっていける不思議な奥行きを持ったモルトといった印象で愉しく飲めました。

現在イチローズモルト・リーフシリーズは希少価値ゆえに、定価での入手が難しくなっていますので、検討のうえご購入下さい。

“DD イチローズモルト” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です