ブラッドノック サムサラ

スコットランドで4番目に古い蒸留所。

創業200年を経て新たに生まれ変わったブラッドック蒸留所から「再生」へのオマージュボトルがリリースされています。数々のオーナーの入れ替わりなどにより紆余曲折あったこの蒸留所は2015年、オーストラリア人が所有する蒸留所となった。デビット・プライアー氏はスコッチ蒸留所のオーナーになった最初のオーストラリア人として知られ、オーガニックのヨーグルトビジネスで成功した実業家だった。彼の手によって年間生産量150万ℓが可能な最先端の蒸留設備に一新され、地元で収穫された大麦やブラドノック川の自然のままの水を原料につくられたシングルモルト造りに力を入れるなど、数少ないローランドモルトの繁栄に情熱を注いている。

David Prior

サムサラは1stフィルバーボンバレル熟成で基本熟成がかけられカリフォルニアの赤ワインカスクでフィニッシュされたもの。熟成は8年以上で、ブラッドノックの希少とされる長期熟成原酒も使用されているようです。(配合比率や樽構成などの詳細は不明)ノンチル、ノンカラーでのボトリング。


BLADNOCH SAMSARA 46.7%

サムサラはサンスクリット語で「再生」を意味する。

 ゴールド

 微かなピート、葡萄、麦汁、オレンジクリーム、フルーツグラノーラ、シリアル系の甘いニュアンス、フレーバードオイル

 濃く出したフルーツ紅茶の様な甘味と渋み、発酵した酸味の様なニュアンスが奥に潜む。じーんと温かみのあるスパイスがあり、樽由来のバニラとクリームを思わせるミルキーな風味が重なって余韻となる。

 フローラルの上品なアロマにコクのある酸味が特徴的。優しく自然な樽の香りが楽しめる。サムサラにはブラッドノックの現在のハウススタイルがしっかりと現れているのではないでしょうか。スコッチウイスキーマスターズ2018で金メダル、サンフランシスコ・スピリッツ・コンペティション2018で金メダルを受賞するなど評価の高いサムサラは、ブラッドノックの持つポテンシャルをしっかり味わうことのできる看板商品ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です