アリスター・ウォーカー | ロイヤルブラックラ

AWW CO.

AWW CO.(アリスター・ウォーカー・ウイスキー・カンパニー)は昨年の2018年スコットランド・グランジマスに誕生したインデペンデントボトラーです。創業者はアリスター・ウォーカーという人物で、元ベンリアック(傘下にグレンドロナックとグレングラッサ)現在グレンアラヒーのオーナーであるビリー・ウォーカー氏の息子です。アリスター氏はウイスキー業界で20年のキャリアを積み、中でもグレンドロナックを大きく成長させた立役者の一人。長年かけて培ったネットワークと経験をもとに優れた選定眼を持つ実力派で、風味の開発に必要な樽の木材管理や仕上げなどに徹底したこだわりをもつ人物として知られています。グレンアラヒーという新たな出発点に立った父と、ボトラーズとして新たな一歩を踏み出したアリスター氏に今注目が集まっています。

INFREQUENT FLYERS

インフリークエント フライヤーズはAWW CO.から2019年にリリースされた最初のシリ―ズ。(全9種類)今回はロイヤルブラックラを試飲します。


INFREQUENT FLYERS

ROYAL BRACKLA 12YEARS 58.9%

ロイヤルブラックラは古くから高級リゾート地として知られて来たネアンの町から1.5キロ南に下った場所にある1812年創業の蒸留所。
限定304本

イエローゴールド

 麦芽糖、レモン、びわ、紙粘土、干し草

 ピリッとしたスパイスのアタックと蜂蜜、微かなピートのニュアンス、香ばしいモルトの甘味、じんわり温かみのあるジンジャースパイスが後に残る。熟成感があり柑橘系のすっきりとした余韻が心地よく続く。

 フルーティーでスパイシー。ロイヤルブラックラ蒸留所は1835年にスコッチ初の「王室御用達=ロイヤル」の称号を得た蒸留所でもある。ブレンデットウイスキーの生みの親として知られるアンドリュー・アッシャーがブレンドに使用したのもこのブラックラだそうだ。個人的にオフィシャルは飲んでいないので、初めて飲むのがボトラーズ・カスクストレングスからという微妙さもあるが、一口含むとそんな罪悪感も秒で消え、熟した原酒のパワフルさと繊細なフルーツの何とも言えないバランスをじっくりと堪能しました。これも美味かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です