ハイランドパーク カスクストレングス No.2

63.9度のハイランドパーク。重厚で繊細⁉追求された神バランス。

HIGHLAND PARK

カスクストレングス No.2 63.9%

備考 ヨーロピアンオークとアメリカンオークのシェリー樽原酒とバーボンバレル原酒で構成。割合などは不明。

 キャラメルやコーヒーキャンディーを思わせる甘くコクのあるロースト感がファーストの印象で、シェリー由来のドライフルーツ、蜂蜜そしてパーク特有のピートも感じます。

 ふくよかで厚みのある骨太な酒質。甘いキャラメルにヘザーピートの香ばしい共演、チリ系スパイスが奥でじんわりと広がります。オレンジ、コーヒーキャンディー。どっしりパワフルなのにどんどん飲み進めたくなる満足度の高い味わい。ハイランドパークをこの度数で味わえることが贅沢なんだと、そう感じさせられる説得力のある一本。僕の中では第1弾よりも好印象で記憶されました。熟成年数なども不明ですが、荒々しいわけでもなくこってり芳醇で、トータル的にコスパも良しと思える。こういったボトルに出会える楽しさがウイスキーの面白いところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。