ザ・グレンリべット12年 イリシットスティル

合法的にスコッチウイスキーを作り始めた第一号蒸留所から限定発売されたザ・グレンリベット・オリジナルストーリーズ第一弾!

ザ・グレンリべット12年 イリシットスティル

スコッチを飲むときに、何かと基準のように引っぱり出されるジョージ・スミスの酒。今回はやっと届いたリベットの「イリシットスティル」をご紹介。

調べでは、オフィシャルの「ザ・グレンリベット12年」と同じ原材料ということですが、こちらのイリシットスティルはチルフィルタリング(冷却濾過)を行なっていない48%のボトリングとなっているのが最大の特徴です。

1800年代初頭の密造酒時代、当時の古いしきたりを覆したともいえるジョージ・スミスが、スコットランド・スペイサイドで密造していたウイスキーとはどんなものだったのか? そこに着想を得て開発された原点回帰ともいえるシングルモルトがこのイリシットスティルです。「創業当時の味を再現しました! 」的なリリースは他でもたまに見かけますが1824年の政府公認以前のグレンリベットとなると、そりゃあ飲んでみたいものです。

今残っているスコッチに関する文献で最古のものは、1494年のリンドーズ僧院の僧ジョン・コーがAqua Vitae(ウイスキー)を作るため、麦芽を支給された出納簿がそうだとか。スコットランドは、長きにわたるイングランドとの血生臭い争いの末敗れ、1707年からは同一の君主のもとグレートブリテン王国が誕生。その後時代は産業革命へと進んで行くそんな時、人里離れたスペイサイド渓谷で現地にあったピートと、シェリーの空樽に密造したウイスキーを詰め、徴税人の目につきにくいよう隠してた者達がいます。ジョージ・スミスもその一人で当時の数ある密造酒の中でもグレンリベットの味は評判だったようです。

ノンチルフィルタード(冷却濾過)とは?熟成の工程でオーク樽から溶出した油分などの白い濁りやオリを取り除く作業のこと。長期の樽熟成において自然に生成される沈殿物や濁りは、悪いものではないのですが、いわゆる見た目に悪いため購入者目線でみると品質を疑う要因となってしまうためにこうした濾過を施すようになったそうです。

とは言うものの現在売られているスコッチウイスキーを見てみると「ノンチルフィルタード」と記載されたシングルモルトを多く見かけます。そこに自然な熟成をそのまま味わう事への理解が進んでいることが伺えるんじゃないでしょうか。つまり冷却濾過を行わない方がうまみ成分が多く豊かな味わいがあるということで、このイリシットスティルもそのノンチルタイプです。

その他特徴としては、現存しているグレンリヴェットの中で世界最古のボトルデザインをモチーフにしているところ。発売価格も6200円と12年熟成物としてはそこそこリーズナブルですが限定品ゆえ多少の高騰がすでにネット上では見られます。さて試飲に行きましょう。


THE GLENLIVET ILLICIT STILL

700ml 48%

熟成に使用されている樽はバーボンバレルだと思います。

 熟したフルーツ、桃、青リンゴ、蜂蜜、綿菓子、オロナミンC、バニラ、苺、バーボン由来のオーク、生クリーム、レモン

 口当たりは非常に良く、果実の芳醇な甘さとクリーミーなモルティさそしてクローブスパイスが口いっぱいに広がります。心地良いクリーンな樽香が鼻に抜け、ナッツにトフィー、バニラを伴った滑らかな甘さが余韻となって続く。

 大人のスイーツみたいなシングルモルト。飲み進めるうちに懐かしい砂糖レモンのような風味も見つけることができました。バランスはもちろん少々高めに設定された度数がまた贅沢で、甘く濃縮感のある味わいになっているのでハイボールにもよく合うと思います。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です